海老名市議会トップ

議会改革

市民に、より信頼され開かれた議会を目指すため、議員自ら議会改革について検討をはじめました。

平成24年11月の臨時会で新議長により、本格的に議会改革について着手することを表明され、早速議会運営委員会に諮問されました。

それを受けて、委員会の検討組織として、「海老名市議会議会改革検討会」を立ち上げ、議会に関するさまざまな検討をしていくこととなりました。

また、平成25年11月からは、検討組織を「海老名市議会改革特別委員会」と特別委員会に位置づけ、さらなる改革へと取り組みを行ってまいりました。

議会に求められるものは、時代により異なり、議会改革に終わりはありません。

今後も、全議員による議会改革に取り組んでまいります。

写真:議会改革検討会の様子

議会改革に終わりはありません!!

取り組み内容

会議結果を会派別から個人別へ

今まで会議結果は会派ごとの結果で報告していましたが、全ての議員がそれぞれの議案に対し、どのような判断をしたかわかるよう個人別での表記に変更しました。

議決結果と各個人の賛否の状況

議案書のホームページ公開

議場傍聴用の資料として本会議当日に議案書を事務局で貸与しています。

インターネットによる議会中継を利用されている方にも、より審議内容を理解してもらうため、会期中議案書をホームページ上で公開します。

議決結果

Facebookの活用

市民への情報発信手段として議会だより、ホームページのみで、市民への情報発信としては乏しいことから、市議会Facebookを立ち上げ、日程などのお知らせだけでなく、議会、議員の普段の活動などを理解してもらうためにも活用しています。

市議会フェイスブック

一般質問のスタイル変更

今まで一般質問の質疑時間は、理事者側答弁を含み一議員あたり35分を原則に会派ごとに振り分けていましたが、平成25年第2回定例会(6月)より、理事者答弁を含まず一議員あたり25分を質疑時間とし、議員自身の質疑時間の確保をしました。

政務活動費の使途公開

政務活動費の政務活動費収支報告書は、年度、会派、項目ごとにホームページ上に掲載しています。平成24年度の収支報告書より行政文書公開請求を要せずに事務局にて明細も閲覧できるようにしました。

政務活動費

請願・陳情者の発言機会の保障

請願・陳情者の趣旨を所管委員に正しく理解してもらうため、委員会開催中に休憩をとり、請願・陳情者の発言の場を設けることにしました。

請願・陳情の出し方

議会報告会の開催

平成27年5月。開かれた議会を目指し、市民の負託に適格に応えられるよう、議会活動の状況等について、説明責任を果たすとともに、市民の意見や要望等を広聴するなど、市民との対話の機会を図るため、議会が主体となって議会報告会を開催しました。

写真:門沢橋議会報告会 写真:上今泉議会報告会
議会報告会

行政視察報告の実施

各常任委員会(総務、文教社会、経済建設)が毎年実施している行政視察の内容を市民並びに行政職員にも情報提供・情報共有するため、平成27年第3回定例会における常任委員会より視察報告を実施しました。

写真:視察報告1 写真:視察報告2

委員会のインターネット中継の実施

平成27年第3回定例会から常任委員会の予算・決算審査と議会改革特別委員会のUstream(ユーストリーム)による生中継を試行的に実施しました。

現在では、予算・決算審査以外の常任委員会においてもYouTube中継を実施しております。(平成29年第3回定例会以降)

委員会中継

メニュー